タバコ?アイコス?未だ喫煙している方へ・どうせ喫煙するなら体に優しいCBDベイプがオススメ

Writer:

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、「望まない受動喫煙の防止」を目的として2018年7月に健康増進法が改正され、原則屋内喫煙が初めて法制化された日本。

分煙席や屋外の喫煙所がかなり減少された中、世界で三番目に喫煙者の多い国とされる日本で、禁煙を自主的に行うことが難しい現実。

それと同時に加熱式タバコのIQOS(アイコス)が販売されて以降、紙タバコからアイコスに移り替えた人もかなり増出しています。

IQOS(アイコス)のような加熱式タバコとは・・・

紙タバコのように直接タバコの葉に火をつけて燃焼させず、加熱してニコチンを発生させて使用するタバコのことを示します。タバコ葉を燃やす際に発生する、タールの量が格段に減少し、人体への悪影響が少ないと言われていました。

しかし、製造企業によると、通常の紙タバコよりも安全だと主張されていますが、実際のところその主張は裏付けられていません。世界保健機関によると、加熱式たばこは健康上のリスクを減らすわけではなく有害であると発表されています。

それと一辺、自由大国と言われるアメリカは、ジャンクフードやハイカロリーの食生活に関わらず、喫煙者の数が実は意外と少ないのです。

「タバコは体に最も有害」というイメージを日本よりも強く根付られていることや、故意的に喫煙を好まない人が多いことが大きな理由です。

もちろん中には喫煙者も存在し、これまでに主に喫煙されていたものが、紙タバコや電子タバコのベイプ。しかし、2019年、ベイプによる若者の健康面に悪影響があると見直され、電子タバコの販売が激減し、そのために喫煙者の数がさらに減少しました。

とは言っても、喫煙することでリラックス効果を得ている人、禁煙したいけど辞められないという人は少数ながら存在し、今そのような喫煙者たちがこぞって紙タバコや電子タバコから移行している、より体に影響が少ないモノが近年流通され始めました。

その名も・・・「CBD VAPE PEN (CBD ベイプ ペン)」

CBD VAPE PENとは・・・

CBD成分を含む電子タバコで、蒸気化させて体内に摂取するという仕組みになります。通常のベイプとは異なり、簡単に言うと「CBDが含まれた水蒸気を吸う」というイメージです。

最近は日本でも注目度がじわじわ上がってきているCBD(カンナビジオール)。

CBDは、リラックス効果・ストレスの軽減、精神面の安定作用、抗炎症作用、抗不安作用、鎮痛作用などをもつと知られているヘンプ由来のオーガニックな天然成分で、海外では次なるスーパーフードとして注目されています。

CBDオイルやエキスを経口・舌下摂取が主流になり始めている中、今特に電子タバコやEリキッドの愛好家の間で、CBD VAPE PENの人気が急上昇しています。

(※CBDについての詳しい記事はこちらをまずご覧ください。)

世界が注目する「CBD」その隠された魅力とは・・・?

今では街のあらゆるところにCBD専門店が並び、人気が高まりつつあることから、オイルや食品類、基礎化粧品まで多様なCBD製品が発売される中、CBDを最も楽しめる方法の一つにCBD VAPE PENが存在します。

多くのCBD VAPE PENブランドが市場に進出する中、どのブランドが信頼でき、何の成分が含まれているかなど、実際に選ぶことは極めて難しいこと。

今回は、どのようなCBD VAPE PENが販売されているのか、アメリカの数あるCBDブランドの中から、女性受けの高いブランドをご紹介します。


①BIG CHIEF (ビッグ チーフ)

アメリカ・カリフォルニア州発のCBD VAPE PENブランド。

BIG CHIEFはアメリカ国内では、THC製品(日本で禁止されている、俗に言う「ハイ」になる成分)として広く知られていますが、使い捨てタイプのデバイスにはCBD1000mgが含まれ、THC成分が一切含まれず、無農薬であり、純粋なCBD抽出物であり、高品質エキスのCBD成分のみを取り入れた製品で、今爆発的に売れています。

ビビットカラーの色調が目に止まる、カラーバリエーションが豊富なこちらのブランドは、5つの美味しいフレーバーを展開。フレーバーは全て自然の風味から生産されています。

◼︎アイスブルー:ミント風味
◼︎ミントグリーン:メロン風味
◼︎オレンジ:マンゴー風味
◼︎バイオレット:ベリー風味
◼︎イエロー:パイナップル風味

BIG CHIEFのCBD VAPE PENは、一つのペンにつき、約150〜200吸いに適しており、1吸いあたり約8mgのCBDを吸引できます。

一般のCBD VAPE PENよりもコンパクトなサイズ感で、ポケットや小さなポーチに収納しやすく、さらにファッションアイテムとしても使えるお洒落なデザインが魅力的。

従来のVAPEを喫煙したことがある人はご存知の、VAPEならではの吸引後のフレーバーの強みが喉に突き刺さるような威力はなく、吸い心地はとても滑らかで優しいです。


②The BREEZE Brand (ザ・ブリーズ・ブランド)

トロピカルでチャーミングなデザインが魅力的なアメリカ・カリフォルニア州発のCBD VAPE PENブランド。今年2020年春に発売されたばかりの新ブランドです。

“Take a breath. Find your happy place” (※ブランドキャッチフレーズ)

喫煙・吸引する空気は安全で清潔、快適で心地良くあるべきで、使用するCBDもそうであるべきと主張する The BREEZE Brand。

The BREEZE Brandが提供する製品は、各パッケージに可愛いネーミングが与えられ、南国のリゾートを連想させる可愛いロゴが施されています。スターターキットは4つのフレーバーで展開されています。

◼︎ピンク:グレープフルーツ風味
◼︎オレンジ:トロピカーナ(オレンジ)風味
◼︎イエロー:パイナップル風味
◼︎ブルー:マイタイ風味

The BREEZE BrandのCBD VAPE PENは、一つのペンにつき、約200吸いが可能で、こちらも使い捨てタイプのデバイスになります。

デバイス本体は細長いシャープなデザインとなり、コンパクトなサイズ感が持ち運びやすく、ユニークでキュートなデザイン。誰かが吸引していると、思わず「可愛い」と言いたくなるほど魅力的。

The BREEZE BrandのCBD VAPEペンは残留溶媒、カビ、重金属などの特殊な試験を通過した認定試験所からの証明書が発行され、また製品とともに付属されているため、安心して吸引することが可能です。

喫煙者の方へのギフトとしても喜ばれること間違いありません。

これまでに市場に出ていたCBD VAPE PENはデバイス自体、形が大きくて重いものや、デザイン性に欠けているものが多い印象でしたが、今流通される上記のようなCBD VAPE PENは高品質な成分を含むことはもちろん、デザイン性にもかなり優れたブランドが急速に生産されています。

どうせ喫煙するなら、より体に無害であり、プラス効果を与えるCBD VAPE PENを一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

禁煙を望む方も、今が禁煙できるチャンスかもしれません★

Writer

RICO

神戸出身、ロサンゼルス在住。
日米でアパレルのプロデューサーとバイヤーを経て、美容系ライセンスを取得しLAで活躍中。

記事を読む

Related Posts

SCROLL TO TOP