【 フィラデルフィア 】アメリカ建国の街 人気の観光スポット6選

Writer:

Philadelphiaこんにちは、ロサンゼルス在住のMahoです。

みなさん、フィラデルフィアでは何が有名かご存知ですか?

フィラデルフィアは、Philly(フィリー)の愛称で親しまれていて、なんと言ってもアメリカ生誕の街として有名です。

アメリカ東海岸で2番目に大きい都市で、ニューヨークとワシントンD.C.の間に位置しています。

どちらの都市からもアムトラック(新幹線のようなもの)で行くことができ、フィラデルフィアのメインとなる駅、30thストリート駅に到着します。

ニューヨークからは1時間半、ワシントンからは2時間半で行くことができるので、日本から直接フィラデルフィアへ行かなくても、他の都市と組み合わせて旅行を計画することができるんです。

この記事では、フィラデルフィアの人気スポットを6つ紹介していきます。

● Philadelphia City Hall – フィラデルフィア市庁舎

Philadelphiaまず紹介するのは、ルネサンス様式大きな建物がひときわ目を引く、フィラデルフィア市庁舎です。(写真右側)

建物自体も素晴らしいのですが、見逃せないポイントが他にもあります。中央の時計塔の先端をよく見てみると、フィラデルフィアを創設したウィリアム・ペンの像が立っているんです。

市庁舎では、建物の歴史を学ぶツアーに参加したり、展望台から街を眺めることがもできます。

Reading Terminal Market –リーディング・ターミナル・マーケット

Philadelphia小腹が空いてきたら、市庁舎から徒歩5分の距離にある、リーディング・ターミナル・マーケットへ行ってみましょう。

フィラデルフィアを代表するマーケットで、様々な種類のグルメを楽しめます。せっかくならフィリー名物のCheese Steak(チーズステーキ)はいかがですか。

チーズステーキとは、薄切り肉とチーズが入ったサンドウィッチのことをいいます。

おすすめは、Tommy DiNic’s。

Philadelphiaアメリカらしいビッグサイズで、普通のサンドウィッチとは少し違った食感を楽しめます。

【Tommy DiNic’s情報】

http://s222619.gridserver.com/merchant/dinics/

また、もう1つフィラデルフィアで有名なフードが、プレッツェルです。

濃厚なバターの風味が美味しく、時間が経ってもフワフワのまま!マーケットに行った際は、ぜひチェックしてみてください。

Philadelphia【Miller’s Twistの情報】

https://readingterminalmarket.org/merchant/millers-twist/

● Independence Hall – 独立記念館

Philadelphia

次に紹介するのは、フィラデルフィアに来たなら外せないスポット、インディペンデンスホール(独立記念館)です。

アメリカ独立宣言が採択された場所で、世界遺産に登録されています。

インディペンデンス・ナショナル・ヒストリカル・パークの中に位置し、建物内を見学するには、横のビジターセンターで整理券もらいましょう。

また記念館の前には、初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンの像も立っているので、写真を撮るのを忘れずに。

● Liberty Bell – 自由の鐘

Philadelphiaもう1つ見逃せないのが、同じ敷地内にあるリバティベル(自由の鐘)です。

独立宣言の時に鳴らされた歴史ある鐘で、今でも大切に保管されています。アメリカ国民だけでなく、世界中で自由のシンボルとされてきました。見学は無料ですが、常に行列ができる人気のスポットとなっています。

【インディペンデンス・ナショナル・ヒストリカル・パークの情報】

https://www.nps.gov/inde/index.htm

Museum of the American Revolution – アメリカ独立戦争博物館

Philadelphia

かつてアメリカ革命の中心地の1つであったフィラデルフィアには、建国の歴史を学べる博物館がたくさんあります。

その中でも、2017年にオープンしたアメリカ独立戦争博物館について紹介します。アメリカ独立戦争博物館では、実際にイギリス軍やアメリカ軍が戦場で使った武器や、革命期の貴重な原稿や書物を鑑賞することができます。

展示品の中で一番注目なのが、ジョージ・ワシントンが寝泊りをしていたというテント(General Washington’s Headquarters Tent)です。

シアターで上映されているワシントンについての作品の一部に登場します。Philadelphiahttps://www.nytimes.com/

館内はそこまで広すぎず、2時間もあれば全てみて回ることができます。

インデペンデンスホールからも徒歩で行ける距離なので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【アメリカ独立戦争博物館の情報】

https://www.amrevmuseum.org/

Elfreth’s Alley – エルフレス小径(しょうけい)

Philadelphiaデラウェア川沿いまで足をのばしてみると、建国初期にタイムスリップしたかのような、かわいらしい小道があります。その名も、エルフレス小径(しょうけい)。

1703 年から1836年の間に建てられた家々で、300年以上経った今でも、住まいとして人々が暮らしています。

個人で散策をすることもできますし、よりフィラデルフィアへの理解を深めたい方は、45分のツアーに参加することもできます。

また毎年12月のホリデーシーズンになると、実際に住居の中を見学することができるイベントが行われます。

この時期にエルフレス小径を訪れることができれば、とても貴重な体験になること間違いないです。

【Elfreth’s Alleyの情報】

http://www.elfrethsalley.org/


歴史を知ることでアメリカがもっと好きになる

いかがでしたでしょうか。フィラデルフィアは、日本からの観光地としてはまだ知名度が低いかもしれませんが、ニューヨークからわずか1時間半で行けると聞くと、行ってみたくなりませんか。

この記事で紹介した観光スポットは、全て1日で回ることができます。特に歴史的建物は同じエリアに集中しているので、日帰りで訪れても十分に楽しむことができます。

ぜひみなさんも、アメリカ建国の歴史を巡る旅に出かけてみてはいかがですか。

Writer

MAHO

神奈川県出身。ロサンゼルス在住。
アメリカ留学2回、LAの日系旅行会社でインターンを経験。アメリカの魅力を発信するためにライターとして活動中。

記事を読む

Related Posts

SCROLL TO TOP