キッチンエイドミキサーが大活躍!アメリカンなかわいいベイキングレシピ公開!

Writer:

アメリカでも自宅待機時間が長く続く中、ソーシャルメディアではかわいいベイキングレシピが大人気です。スーパーマーケットでは、小麦粉やパンを焼くための強力粉も一時期品薄になる程。

私もこの期間中にベイキングを何回かしましたが、その時に大活躍なのが、キッチンエイドのスタンドミキサー。パワフルでアタッチメントを変えると用途もたくさん広がるので、本当にオススメです。

うちのキッチンエイドミキサーは、ホワイトですが、かわいいカラーがたくさんあるので置くだけでキッチンが映えること間違いなしです。

Instagram @kitchenaidusa

せっかくなので、アメリカンなスイーツを作りたいと思いトライしたレシピを紹介します。


アーモンドバター・チョコレートチップクッキー

アメリカのクッキーといえば、チョコレートチップクッキー。

きっちり型が抜かれたものではなく、スプーンで生地をベーキングパンに落として焼くタイプ。中がしっとりした重めのクッキーが定番です。

材料もアメリカンなので、砂糖やバターがこれでもかと入り、日本人の私たちからすると、ものすごくギルティを感じてしまうレシピも多いです!

私は少しギルティ感が減る、バターとアーモンドバターをミックスしたクッキーを作ってみました。全部バターにするよりも、やや軽めでアーモンド風味とサクサク感も出ます。そしてチョコレートとの相性もバッチリ。シーソルトをトッピングして、アメリカらしくミルクを添えてサーブします。

【材料】

・1 cup all-purpose flour(日本なら薄力粉 or 中力粉で大丈夫)

・3/4 teaspoon ベーキングパウダー

・1/4 teaspoon ベーキングソーダ

・1/2 teaspoon 塩

・4 tablespoons 無塩バター(柔らかくする)

・1/3 cup 無塩ナチュラルアーモンドバター

・3/4 cup + 2 tablespoons ブラウンシュガー

・1 卵

・1 teaspoon バニラエッセンス

・1 cups チョコレートチップ

・仕上げ用のシーソルト

*teaspoon = 小さじ、tablespoon = 大さじくらいで大丈夫です

【作り方】

1, オーブンを350 F(175-180 C)に温めておく。ベーキングシートを天板にしいておく。

2, 粉類をボウルに入れてミックスしておく。

3, キッチンエイドミキサーのボウルに、バター・アーモンドバター・ブラウンシュガーを入れて、泡立て用のアタッチメントを使ってクリーム上になるまで回す。

4, 卵とバニラエッセンスを入れて、引き続き回す。

5, 粉類を加えて、ここからは木べらやスパチュラで自分でさっくり混ぜ合わせる。

6, チョコレートチップを加えて混ぜる。

7, スプーンで大きめにベーキングシートに落とす。広がるので間隔を開けておく。

8, 12-15分焼く。外側はやや焼き色がついて、中はしっとりになる。

9, オーブンから取り出したらそのまま数分冷ましておき、冷めたらラックに移して最低数時間は室温で冷ます。(この時点ではすごく柔らかいはず)

10, 仕上げにシーソルトを散らして、ミルクとサーブする。


ポップ・タルト

ポップタルトと言えば、アメリカのキッズたちのおやつの定番!という印象があります。

サクサクのパイ生地の中にジャムやクリームチーズなどが入っていて、トッピングにアイシングとスプリンクルズが乗っている見た目もとってもかわいいスイーツです。私はアメリカに来るまでもちろん食べたことがなかったし、市販で売っているものは、あまり美味しそうではなかったのですが、ある時カフェでお店の手作りポップタルトを食べた時に、あまりの美味しさに衝撃が走りました!

もちろんそのカフェのレシピがとてもおいしかったのかとは思いますが、おうちでも生地から作ってみよう、とチャレンジしたらとても美味しくできたのでシェアしたいと思います!

通常はフードプロセッサーがあるととても便利なタルト生地なのですが、このレシピではキッチンエイドミキサーでも代用できますよ。

【材料】

・2 ⅔ Cup 小麦粉(All Purposeか薄力粉)

・¾ cup (200g) 冷たく冷やしたバター(小さなキューブ状にカット)

・2 tablespoon 粉砂糖

・2 卵の黄身

・4 tablespoon 水

・塩ひとつまみ

・エッグウォッシュ(卵の黄身1個分を水で溶いたもの)

・ストロベリージャム&クリームチーズ(中のフィリングはお好みで)

・1/4 cup (2oz/60g) 粉砂糖

・1/2 tablespoon バニラエッセンス

・アイシング用の水・またはミルク

・スプリンクルズ

【作り方】

1, 小麦粉、粉砂糖、塩をキッチンエイドミキサーのボウルに入れる。

2, キューブ状にカットしたよく冷やしたバター(私はキューブ状にした後冷凍庫で15分ぐらい冷やしてます)を1に入れ、キッチンエイドミキサーのビーターアタッチメントで混ぜる。目的はバターを細かくし、その周りに粉がカバーされた、「パン粉」状の状態にすること。ポロポロで大丈夫。生地がまとまる必要はありません。

3, 卵の黄身と水を混ぜておいてから、2のボウルに注ぐ。

4, ビーターアタッチメントのまま、生地が軽くまとまるまで混ぜる。捏ねすぎず、ざっくりまとまるだけで良いです。

5, 少しバラついても良いので生地をラップでまとめて冷蔵庫で30分休ませる。

6, 冷蔵庫から取り出したら、打ち粉をした台の上で1/4mmの厚さまで伸ばす。(層をもっと作りたい場合は、伸ばして1/3幅ずつ折り畳みまた伸ばす、というのを数回繰り返す)

7, ナイフかピザカッターなどで3 inch x 4 inchサイズの長方形に生地をカットする。1個のポップタルトに2枚必要になるので、偶数にになるように。

8, エッグウォッシュを1枚目に塗って、真ん中にストロベリージャム&クリームチーズを乗せる。この時乗せすぎると焼く際に生地から出てきてしまうので注意。もう1枚を上に乗せたら、端をフォークで押して2枚の生地をくっつける。さらに上の生地にはフォークなどで穴を開けておく。

9, エッグウォッシュを上の生地にも塗る。

10, 400 F(200 C)のオーブンで22-25分程度焼いて、焼き目がこんがり黄金色になったら取り出す。

11, 冷ましている間に、粉砂糖、バニラエッセンス、水(またはミルク)を混ぜてアイシングを作り、ポップタルトが冷めたらアイシングを乗せてスプリンクルズをトッピングして出来上がり。


ピーチ・コブラー

カリフォルニアでは夏になるとピーチ・ピッキングができる場所がたくさんあるので、サンフランシスコに住んでいた時から、夏はピーチ・ピッキングに行ってピーチ・コブラーを作るのが大好きです。

Farmer’s Marketなどでフレッシュピーチを買ってきて作るのもオススメ。皮ごと作れて熟れきっていなくてもベイクすると柔らかく甘くなります!

【材料】

・1 Cup 小麦粉(All Purposeか薄力粉)

・1/3 cup 冷たく冷やしたバター(小さなキューブ状にカット)

・1 tablespoon 砂糖

・1 teaspoon ベーキングソーダ

・1 teaspoon ベーキングパウダー

・1/2 cup 無糖ヨーグルト

・塩ひとつまみ

・フレッシュピーチ 5-7個

・1/3 cup 砂糖

・1 tablespoon コーンスターチ

・1 tablespoon  レモンジュース

・バニラエッセンス・シナモンパウダーはお好みで

・バニラアイスクリーム(盛り付け用)

【作り方】

1, オーブンを375F(190 C)に温めておく

2, ボウルに種を取ってスライスしたピーチと砂糖1/3カップを入れてよくまぶし、20分間置いておく

3, 20分後ストレイナーで水分を移す。移したピーチジュースに、コーンスターチ、レモンジュースを混ぜる

4, ピーチをベイキングパンかスキレットに移して平らにする。3のピーチジュースミックスを回しかける。お好みでシナモンとバニラエッセンスを追加してもOK

5, オーブンでピーチを10-15分間焼いている間に、クッキー生地を作る

6, ボウルに小麦粉、ベーキングソーダ、ベーキングパウダー、塩ひとつまみ、砂糖を加え軽く混ぜておく

7, 冷たく冷やしたキューブ状のバターを入れて、キッチンエイドはビーターアタッチメントを使い、バターがポロポロに混ざるまでミックスする

8, バターが細かくなって粉でコーティングされたら、ヨーグルトを加えて、スパチュラなどでさっくりと混ぜる

9, 生地は完全にまとまらなくて良いので、少しづつちぎってオーブンから取り出したピーチに乗せていく。

10, オーブンで45-50分間焼いて、温かいうちにバニラアイスを添えてサーブする


キッチンエイドミキサーがあると、どんなタイプの生地も簡単にできて手でこねる必要もないので、本当にベイキングが楽しくなります!パワフルなのでパン生地をこねることももちろんできますよ。

Instagram @kitchenaidusa

ぜひキッチンエイドミキサーを手に入れて、充実したおうち時間を楽しんでみてくださいね!


Writer

HIBARU

ロサンゼルス在住。
ファッションWEBメディアのディレクターとしてアメリカで活躍中。ピラティス インストラクターでもある。

記事を読む

Related Posts

SCROLL TO TOP