ラスベガス 現地の超最先端ヴィーガンカフェレポート

Writer:

【ラスベガス】現地の超最先端ヴィーガンカフェレポート2 https://www.instagram.com/

アメリカといえば流行のできる場所。日本で流行ったアサイーなどのスーパーフードも、人気のデトックス方法もほぼアメリカで流行ったものが日本に遅れてやってきます。

それもそのはず、アメリカは健康志向の人がとっても多い。私も住んでからなお感じました。

アメリカって肥満体国じゃないの?

そう思った方も多いはず。アメリカに住んでいると日本に進出していないハンバーガーショップもたくさんあり、ザ・アメリカンなジャンクフードも多く存在するのは確かです。

日本人よりも肥満な人々もかなり多い。

そんなわけで、アメリカでは国を挙げて肥満体策をしており、ヘルシー志向の考え方が広まっています。

アメリカは医療費も高いので、食事を通して肥満予防を推進しているんですね。

食事の選択肢がたくさんあり、自分の健康は自分で選択する。

そんなアメリカ国民に人気なこだわりの超ヘルシーカフェレポートです。

【ラスベガス】現地の超最先端ヴィーガンカフェレポート4 https://www.instagram.com/

10年間愛され続ける憩いの場「Baguette Café」

観光地として人気のラスベガス。

カジノにホテルに、アメリカ人も一度は訪れたい街と言われています。

そんな観光地にある大人気カフェが今回紹介する「Baguette Café」

実はラスベガス在住ライターの私もバリスタとして働いています。

観光地からも遠くない場所にあるこのカフェ。

アメリカには「YELP」というレストランの口コミサイトがあるのですが、ラスベガスのレストランベスト100に2年連続でランクインしている程の人気さ。

その秘密をご紹介します!

【ラスベガス】現地の超最先端ヴィーガンカフェレポート1https://www.instagram.com/


詳細情報   

HP: https://www.baguettecafelv.com/

インスタグラム: https://www.instagram.com/baguettecafe_lv/

住所:8359 W Sunset Rd,Las Vegas, NV 89113

フランス人家族で経営されているこだわりの食べ物

【ラスベガス】現地の超最先端ヴィーガンカフェレポートhttps://www.instagram.com/

人気の理由はそのユニークさ。フランス人家族によって営まれています。

現地フランスでもレストランを営んでいたこともあるそう。南フランス出身のご家族が自慢のレシピでアメリカのグルメな人々をうならせます。

こちらのカフェの一番の魅力はとにかく質がいい。

「どうしてもこの味が食べたくて」「引っ越したけど、近くに来たら来るようにしている」とリピートする人が多く、店内では友人の様にみんなが話し合っている光景が日常茶飯事です。

写真のクロワッサンもバター、小麦粉とすべてフランスから取り寄せている自慢のもの。

1時間に一度焼き、出来立てを味わうことができます、店内には常にクロワッサンのとってもいい匂いが常に広がっています。匂いにつられて思わず購入する方も1日に何人も見かけます。

【ラスベガス】現地の超最先端ヴィーガンカフェレポート5こちらのお店の人気看板メニューがキッシュ。キッシュとは卵と生クリーム等を使ったフランスの家庭料理です。

入れるものは野菜にお肉になんでもOKでパイ生地のサクサク感と卵とチーズたっぷりの優しい味が感じられます。

写真の通り一人前丸々1個!

「パルメザンチーズとプロシュート」「ゴロゴロ入った野菜のヴィーガン」「本場の味チーズとハム」の3種類の用意があります。

レシピはオーナー家族特製の物。土日は激込みで何十食分が午前中のうちに完売してしまうほど。【ラスベガス】現地の超最先端ヴィーガンカフェレポート8他にもサラダメニューやサンドイッチメニューも豊富。

一つ一つの食材にこだわっておりドレッシングもソースも自家製。一つ食べたら他のメニューも食べたくなるようなクオリティーの高さには驚きですよ。

デザートも人気の理由の一つ。

ティラミスにチーズケーキにパイなど、どこかフランス風にアレンジされていて見た目も鮮やか。ラスベガスでも自身の店を出す有名なデザートシェフもお忍びで家族と共に来たこともありました。

サンドイッチやスープ等の食事系の食べ物はお父さんのレシピ、デザートやパイなどのデザート系はお母さんのレシピ、店頭では明るく朗らかなお母さんが一つ一つの食事の良さを説明してくれますよ。

健康に気を使った体に優しい飲み物

アメリカに来て感じたのですが、ケーキと飲み物、のような日本スタイルのカフェはあまり存在しません。(*地域によります。)

またアメリカでカフェと言えばスターバックスなのですが、実はファストフードの部類に入ります。アメリカ人はスタバ=おしゃれとは感じません。

こちらのカフェでは飲み物一つ一つを丁寧に厳選し、その後お客様に提供し手を抜きません。

なかでも最高に健康的なのがコールドプレスジュース。

日本でも流行っている飲み物かと思いますが、専用の機械で野菜や果物を低温で絞り、完全に100%の野菜ジュースを作り出す事。

低温で絞ることで、摩擦による栄養素の破壊を防ぎ、野菜本来の酵素などの栄養を100%摂取することができます。

モデルの間でもコールドプレスジュースクレンズ等のデトックスを促す飲み物としても人気です。スム―ジーとの違いは食物繊維の多さ。

コールドプレスジュースは食物繊維を含まないので、口当たりも滑らかです。

こちらのカフェでは3種類のメニューがあり「Gerson」「Gratitude」「Be the change」と名前もおしゃれ。

カフェなのでもちろんコーヒー系の飲み物もあります。

コーヒーは豆からこだわり何十種類も試飲を繰り返した、と店主は言います。

ILLYコーヒーという世界中で使用されているイタリアのコーヒー豆、季節によって変わる各国のコーヒー豆を使用しています。

「フランスの朝はエスプレッソとクロワッサンから始まる、いい豆を使わないと意味がない。」そうです。

最高のエスプレッソから一日をスタートする。そんな贅沢な経験を味わえます。

また、カフェラテも牛乳だけでなく、ソイミルク、アーモンドミルク、オートミルク、ココナッツミルクと品ぞろえ豊富。

各ミルクごとに違った栄養価が含まれているのでその日の気分にあわせてみるのもいいかも!

ストローにはアボカドの種でできたストローを使用し、環境にもこだわっています。【ラスベガス】現地の超最先端ヴィーガンカフェレポート7https://www.instagram.com/

地元の人々に愛され続ける「Baguette Café」。

愛され続ける理由が感じられたかと思います。一度来たらまた来たくなること間違いなし!

なんとこのカフェ、今年の冬には2店舗目オープン予定です。場所はアートと音楽の街フリーモントエリア。ラスベガスに来た際はぜひ訪れてみてください。

Writer

CHIKAKO

高校時代にNZに留学。大学ではロシア語学科在学。在学中にロシア留学、世界半周旅行を達成した好奇心旺盛お祭りガール。現在アメリカ、ラスベガス在住の新米日本人妻兼日本語教師。

記事を読む

Related Posts

SCROLL TO TOP